引越し 料金

引越し荷造りのコツ

引越し荷造りのちょっとしたコツを紹介します。

机、タンスなどの引き出し

机やタンスなどの引き出しの中身は残さないで梱包しましょう。

引き出しに物を残すと、引き出しの底や側面を傷めてしまうことがあります。

引き出しは飛び出さないようにガムテープで留めておきましょう。

紙のガムテープで留めると跡が残るので布のガムテープを使いましょう。


包丁の梱包

包丁は新聞紙などで直接梱包しないように注意しましょう。

直接新聞紙で梱包してしまうと、荷解きをした時に思わず怪我をしてしまう場合があります。

刃の部分に厚紙やダンボールを当ててから布ガムテープを巻いておくと安全です。

それから、新聞紙などで梱包し、マジックで「包丁」書いておきましょう。

荷解きは必ずしも自分がするとは限らないので刃物などの荷造りは丁寧にしておきましょう。


ガラス入りの額やパネルの荷造り

ガラス入りの額などは、そのままダンボールで梱包しただけでは割れてしまいます。

必ず、ダンボールの内側にエアクッションや新聞紙などでショックを吸収するように梱包しましょう。


ダンボールの中身をマジックで記載

梱包したダンボールにはマジックで中身を記入しておくと荷解きの時の時間の短縮になります。

中身の種類のほかに「急ぎ」「すぐ使わない食器」「すぐ使う洋服」「夏物衣料」などと
荷解きの優先順位を記入しておくと荷物の整理がしやすくなります。

黒と赤のマジックを上手に使い分けるのがコツです。


重たい布団の梱包

布団は重いし大きいので一人で梱包するのにはコツが必要です。

まず、布団は重たい敷布団から重ねていきます。

梱包する布団が重なったら、布団袋を上からかぶせるようにして、布団袋の口が下までかぶさったらひっくり返すようにして梱包しましょう。

布団袋に布団を入れるのではなく、布団に布団袋をかぶせる要領です。


 

サイトマップ